ブラックパンサーEA 行列のできるEA鑑定団 MT4インジケーター大辞典
 

2015年5月の米雇用統計(発表6/5)とそのポイント

この記事は約 2 分で読めます。

2015年05月26日(火) | カテゴリー: ファンダメンタルズ

2015年5月の米雇用統計(発表6/5)とそのポイント

次回の米雇用統計の予想値が発表されています。

失業率は前回の5.4%→5.4%で横ばい予想。

非農業部門雇用者数は前回22.3万人増から予想値は控えめに22.0万人増

年内利上げムードが高まってるので、ヘタなネガティブサプライズはご勘弁ですが、

利上げ時期について、結局は”決まってしまわないとわからない”(でも6月か9月かギリ12月とか)のが現状でしょう。

日経新聞のこの記事「イエレン年内利上げ発言の真意」がとてもわかりやすかったので紹介します。

「読めば読むほど分からなくなる」

22日のイエレン氏講演原文を読んだ、ニューヨークのヘッジファンドのつぶやきだ。「年内のある時期に利上げ開始が適当」と確かに述べているのだが、問題はその前後の文脈。

まず、「もし、私が期待するように経済が改善したら」との前置きで始まっている。さらに、後には、ただし書きつきだ。「しかし、この利上げのステップを支持するため、私には、労働市場の継続的改善と中期的にインフレ率が2%に戻るという確信が必要だ」

そして、市場関係者を当惑させたくだりが、「経済予測」についての発言だ。「経済見通しは高度に不安定なもの。私の長年の経験で、確信をもって申し上げられることは、私が述べてきた予測は結局間違えるもの。それも、たぶん、著しく(markedly)」

記事はわかりやすいですが、”真意”は当然ながらわからないです(笑)

↓投票お願いします↓明日もまたよろしくお願い致します。

更新日:2015年05月26日(火)

著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

トレードで勝ち抜く唯一無二の手法は「継続!」だと思っています。
またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。
OANDA JAPAN 口座開設