ブラックパンサーEA 行列のできるEA鑑定団 MT4インジケーター大辞典
 

[BlackPanther]最大ストップロスに何回ヒットしてしまったのかを調査した結果

この記事は約 2 分で読めます。

2015年09月25日(金) | カテゴリー: 07:ライジング

[BlackPanther]最大ストップロスに何回ヒットしてしまったのかを調査した結果

公開フォワードしながら微調整中のBlackPantherです。

…ん?

はい、調整しながらのフォワードデータを参考にするのは…、

本当はよくないです。

ロジックやパラメーター設定値が一定でないものの経過グラフになりますからね。

自動売買の評価は裁量や人為的な設定変更を一切排除したものでないとダメです。

同様にEAのバージョンアップを何度も重ねているのに、

フォワードをその都度仕切りなおしせず、初期バージョンから継続して集計してる場合、

そのグラフはあまり信用度が高くないことになってるかもしれないので要注意!
(もちろん、ロジックに影響のないバージョンアップなら問題なし)

本題です。

さて、BlackPantherの最大ストップロス設定を-50.0pipsと-25.0pipsと、

どちらが最適なのか?で揺れていました。

それぞれのパフォーマンスの差はそれほど大きくはありません。

強いて言えば、-50.0pipsの方が負け数が8%ほど減っていることでしょうか。
20150925_insert_001

もうちょっと立ち入ってみたところ、最大ストップロスを…

-25.0pipsとした時、それにヒットしてしまった回数は、
2,218回でその総損失は-5,545.0pips

-50.0pipsとした時、-25.0~-50.0pipsにヒットしてしまった回数は、
871回でその総損失は-4,024.0pips

という数字が出ました。

ストップ幅を大きくすると損失機会が減るのは当然の流れではありますが、

損失幅は小さくなってることが見えてきました。

 

黒豹ちゃんは最大同時15ポジションを持ちますから、

-50.0pipsと-25.0pipsとでは、単発での精神的ダメージは前者の方が大きいです。

けど、長い目で見ると後者の方が実質的ダメージが少なかったことが見えてきます。

なもんで、後者を途中から採用しましたが、

その途端に太い負けを頂いちゃったので、突然急降下な公開フォワードになってます(笑)

↓投票お願いします↓明日もまたよろしくお願い致します。

更新日:2015年09月25日(金)

著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

トレードで勝ち抜く唯一無二の手法は「継続!」だと思っています。
またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。
OANDA JAPAN 口座開設