Warning: Use of undefined constant style - assumed 'style' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/doramix/www/hdr/wp-content/themes/ThrillingTheme/functions.php on line 522
ブラックパンサーEA 行列のできるEA鑑定団 MT4インジケーター大辞典
  • No items.
 

バックテストしていますか?していなければ今すぐやりましょう。

この記事は約 4 分で読めます。

2015年09月09日(水) | カテゴリー: My EA, テクニカル・手法

バックテストしていますか?していなければ今すぐやりましょう。

その買ったEA、運用前にバックテストしていますか?

『販売サイトで過去10年のバックテスト結果があったので、
それだけ確認して運用してるぜ、クズ野郎!』

なんて逆ギレしないでくださいよ?

デモでもリアルでも、運用前に必ず自身の手でバックテストをやってください。

お願いですから。

▼バックテストはなるべく細かく

過去10年がターゲットならば、

まず1年単位でのバックテスト結果を抽出して眺めましょう。

チェックするデータは、総損益・PF・最大/相対DD・総取引数・勝敗と勝率でOK

10年後はプラスでも、赤字になった年があるかもしれません。

続いて、月単位のバックテストを10年分しましょう。

これが一番大事だと思っています。

年間通して黒字だったとしても、数ヶ月連続赤字連続があったかもしれません。

月単位のバックテストで1つ気をつけておきたいのは、

月末ポジションは月末終了時に強制決済されてしまうこと。

これはまあ許容範囲として認識しておけばいいんじゃないかと思います。

▼最大ストップロスをどれだけ食らったのか?

例えばストップロスを100.0pipsで注文するEAがあったとしましょうか。

でも、損切りはロジックに従うのが基本で必ず100.0pipsではないものとします。

その場合、過去に何回最大ストップロスにヒットしたか?も調べておきましょう。

ついでに50.0pipsだったり200.0pipsだったりに設定すると、

どのようなパフォーマンス変化が現れるのかも見るといいかも。

「なんで100.0pipsなのか?」のワケが見えます。

▼複利も単利もチェック

●複利運用のバックテスト結果のみが公開されてる。
●複利機能があるがバックテスト結果は単利のみが公開されてる。

こういう場合もあると思います。

単利でしか運用しない場合はいいですが、

複利で運用する場合は単利運用でのバックテスト結果も抽出するといいです。

▼そのロジック、公開されてます?

ほとんどないと思いますが、そのEAのロジックは公開されてますか?

一部公開のものもあるかもしれませんが、全て秘密にされてるものは、

実運用するにあたって結果と言う数値でしか状況判断することができません。

月単位バックテストでそのEAの“損益の波”を感じ取れていれば(重要)、

多少赤字月になってもソワソワしてEAを投げ出したりしないハズですが、

それでもメンタルバランスが上下にぶれやすいのであれば、

1週間単位でのバックテストを10年分集計して眺めると効果的です。

なかなか面倒ですが、集中してやれば1日2日で出来る作業です。

トレンドストリームのEAはロジック公開してますけど…(笑)

それであっても細かいバックテストはやればやるほどいいです。

▼なんでバックテストが大事なのか?

バックテストはEAのパフォーマンスを見るだけのものではありません。

EAの損益の軌跡をデータ化して感じ取っておくことで、

『おいおい、この3ヶ月マイナスじゃねーか!このEAは運行停止や!!ゴミや!!!』

という、ほとんど衝動に近い決断に待ったをかけられると作用もあります。

 

データをチェックしてみれば、過去3ヶ月連続赤字は過去データ上では経験済みのことで、

4ヶ月目からトントントーンと挽回しはじめ、

その年を逆転プラスで終えることができるかもしれないです。

逆に、4ヶ月目も赤字で5ヶ月目も…(T﹏T)、なんて可能性も当然あります。

そこではじめて、より正当な停止判断あるいは運用見直しをすべきじゃないか?と思うのです。

過去のネガティブデータを知っていれば、

あらかじめ、数値を幾分か更新してしまっても運用継続できるマネージメントも出来るので、

細かいバックテストとデータ分析は必ずやっておいた方がいいと思います。

 

楽なトレードをするためにEAを選択したとしても、

労力ゼロでは得るものも得られないかもしれません。

相場の最大の敵はあなた自身なのですから。

↓投票お願いします↓明日もまたよろしくお願い致します。

更新日:2015年09月09日(水)

著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

トレードで勝ち抜く唯一無二の手法は「継続!」だと思っています。
またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。
OANDA JAPAN 口座開設