ブラックパンサーEA 行列のできるEA鑑定団 MT4インジケーター大辞典
  • No items.
 

英国のEU離脱問題「Brexit(ブレキジット)」を前にしてEAたちをどうするか

この記事は約 2 分で読めます。

2016年06月22日(水) | カテゴリー: FX業界・状況・関連

英国のEU離脱問題「Brexit(ブレキジット)」を前にしてEAたちをどうするか

Brexit(ブレキジット)、いわゆる英国がEUを離脱すべきかどうかの国民投票が迫ってきておりますね。

投票日は6月23日となっております。

日本時間では24日午前6時に投票締め切り、マスコミは出口調査を行わない方針のようで日本時間昼までには大勢が判明するだろうということです。

結果は出るまでわかりません。

英国はEUメンバーとして残留すべきか?それとも離脱すべきか?の二択しかないので、どちらか予想しておけばアホでも天才でも50%の確率で当たるレベルなので、今頃からの結果予想は気にしても気にしすぎないのがいいかも。

おおよそこういった大きな事態は無難な方に落ち着いてきてるイメージが強いですが、もし離脱という方になれば相場は大荒れすること間違いなしです。おそらくわれわれ一般投資家がポジションをコントロールできない事態に陥る可能性も十分にあります。

スイスフランショックとどちらがパワフルか不明ですが、あの事件を思い出してみれば…。。。

これを機会とするか、ウォッチとするかはそれぞれの判断と責任において実行するだけだと思います。

僕は、リアルトレードはすべて停止します。

(クリプト(仮想通貨)トレードの方は現物だし、規模も小さいしそのままにする方針でいます)

公開中のEAデモトレードの方は…悩んだのですが、「どのような相場においても人の手を下さない場合」を記録しているようなものなので継続します。

特に、まだフォワードテスト中である「RedFoxUK」はモロにポンド対象EAなので、どんなことになるか楽しみです。デモとはいえ不安もありますが。

それでは、慎重な判断をして大変なことにならないようにしてください。

↓投票お願いします↓明日もまたよろしくお願い致します。

更新日:2016年06月22日(水)

著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

トレードで勝ち抜く唯一無二の手法は「継続!」だと思っています。
またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。
OANDA JAPAN 口座開設