行列のできるEA鑑定団

MT4で自動売買!国内販売中の優秀/優良なEA、期待値の高いEAをズバリ鑑定します!2017年5月27日現在の鑑定済みEA10本!

MT4のEAにはどんな種類があるか?

2017年5月27日まで、この情報は444回閲覧されています。
160214_0006

EAの種類、すなわち、そのトレード戦略やトレードスタイルにはどのようなタイプがあるでしょう?

スキャルピング

1分足や5分足を主戦場とし、数分~数十分間で細かい利幅を狙いにいき、1日に複数回のトレードを実行するタイプです。

完全に手動でスキャルピングを行うには集中力に瞬発力を要しますので多大な労力を伴うだけでなく、豊富な経験が必要になるので初心者には難しいレベルのタイプになります。

これらをEAに任せることで作業労力は大きくカットされますが、あまりに短時間/高頻度なロジックを嫌うFX業者もありますので注意したいところです。

デイトレード(デイトレ)

160214_00075分足~1時間足くらいまでの幅広い時間足でトレードしますが、基本的に当日中(24時間以内)にポジションをクローズする傾向が強いです。

ポジションの保有時間は短ければ数分、長いと数時間が平均的ですが、時間で決済せずにテクニカルルールの一致やストップロス/テイクプロフィットでのみ決済するタイプの場合は、24時間を超えてポジションを保有するようなものもあります。

利幅はスキャルピングよりも広くなります。

スイングトレード

数日間以上ポジションを保有していくタイプです。

日足~月足までの長期テクニカル分析を取り入れて精度を高めにいく傾向が多いです。

トレードする時間足は1時間足~日足が中心ですが、エントリータイミングを計るときに5分~30分足を見る場合もあります。

狙いにいく利幅は数十~多くて数百pipsくらいに広がります。

トレード機会が少ないので複数のポジションで対応することも少なくありません。

ポジショントレード

ポジションの保有期間を数週間~数カ月、長いと1年くらいを見込んだようなタイプを言いますが、このタイプのEAは少ないです。

細かくポジションを積み上げて、一気にまとめて決済しにいくようなものです。

セミオートマチック

トレードの一部を自動化させるようなタイプのEAです。

例えば、トレンドラインや水平ラインを手動で引き、そこにプライスが到達した時に売買を発動させるEAのことです。

ナンピン

160214_0008エントリー後、不利な方向にレートが進み含み損を抱えた時に、さらにポジションを買い増し(売り増し)して平均建値を下げにいくタイプです。

EAのタイプとしてナンピンありきの戦略のものもあれば、状況に応じてナンピンを発動する機能を有するもの、ナンピン狙いではないが追加売買が結果的にナンピンと同じ状況になるものもあります。

注意点は、どれだけの頻度でナンピンを行うようになっているかどうかです。

無限にナンピンをするようなものだと、レートが一方的に不利に進みすぎた場合には含み損が加速度的に増えますので、ハイリスク・ハイリターンを理解した上での採用と運用が必要です。

マーチンゲール

ナンピンで買い増しや売り増しをする場合に、ポジションを当初の2倍→4倍→8倍…のように増やしていくタイプです。

通常のナンピンよりもハイリスク・ハイリターン度が一気に高まりますので、十分すぎる資金はもちろん、綿密な資金管理やポジショニングが必要不可欠です。

EAのタイプというよりは戦略のタイプになり、この機能をON/OFFにできるEAもあります。

自分にあったものを選びましょう

これらがEAの基本的なタイプになりますが、ご自分の好みはもちろんライフスタイルやライフサイクルにも適したものを選びましょう。

といっても、完全自動売買のEAならばトレード時間を気にしなくてもよくなりますが…!

 - はじめてのEA