ブラックパンサーEA 行列のできるEA鑑定団 MT4インジケーター大辞典
 

ユーロドル大雪崩の準備は整ったけど…

この記事は約 2 分で読めます。

2015年01月18日(日) | カテゴリー: ファンダメンタルズ

ユーロドル大雪崩の準備は整ったけど…

ユーロドルが大雪崩に発展するかもしれない(もうはじまってるかも)

1/22にECBが本格的な量的緩和に踏み切る公算が強い中、SNBによるスイスフラン上限撤廃(=スイスフランショック)は待ち構えるユーロ安進行の先手なのだとも言われています。

続きの前にランキング投票お願いします。

去年末にユーロドルが月足テクニカルで20年規模のダウンブレイクが確定したのはお知らせしてきた通りです。

おさらいすると、月足240EMAのLowラインブレイクと2010年-2012年の安値からなるサポートブレイクですね。

こういう太いラインのブレイクというのは、それだけ反応する人たちの数や規模もデカいから素直なもので、早速下げ相場は全開モード。

そして、ECBの量的緩和決定待ちを前に、スイスフランショックに後押しされるような形で、今週末(1/16)最終防衛ラインとしていた2005年の安値1.16390さえも週足終値で割りました。

今月はテクニカル的にいっぱいいっぱいの下げ模様なので、量的緩和決定後は短期的には織り込み済みな反応を見せるかもしれないですが、

これで次の底値ターゲットは2000年の0.82250に。

年内の1.0割れの可能性が一層濃くなってきたのではないかと思います。

ギリシャ総選挙(25日)もあり、ギリシャのユーロ離脱問題が再燃してる件も要チェックです。

2014年の5月以降、ユーロを積極的に買う理由が全くなかったのですが、それはまだまだ継続しそうな予感です。

参考
スイス・フラン:上限撤廃…ユーロ安に先手、市場は混乱(毎日新聞)
ギリシャのユーロ圏離脱は論外=欧州委員長(ロイター)

 

↓投票お願いします↓明日もまたよろしくお願い致します。

更新日:2015年01月18日(日)

著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

トレードで勝ち抜く唯一無二の手法は「継続!」だと思っています。
またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。
OANDA JAPAN 口座開設