ブラックパンサーEA 行列のできるEA鑑定団 MT4インジケーター大辞典
  • No items.
 

MT4のBuild600、EAやインジケーターの保存方法

この記事は約 2 分で読めます。

2014年02月04日(火) | カテゴリー: FX業界・状況・関連

MT4のBuild600、EAやインジケーターの保存方法

昨日くらいから、MT4が最新版に順次アップデートされてます。私のところもようやく出来るようになりました。

当初はBuild574だったのですが、今はBuild600(これが正規版らしい)です。

今のところ、最もイヤらしい変更内容は、EAやインジケーター、スクリプトにテンプレートといったやつの保存場所が大きく変わったこと(アップデート時には自動で整理されます

普通に使う場合は、以下の方法で新規追加の行程がMT4から出来るようになったので便利なのかな?

もうちょっと踏み込んでみると、これまではMT4インストールフォルダ内に格納されてたんですが、Build600からは…

(Windows7の場合)
ローカルディスク(C:) > ユーザー > ユーザー名(人によってそれぞれ) > AppData > Roaming > MetaQuotes > Terminal

その中に、「12345696CE55S999SDDF55」みたいな意味不明なおよそ30文字くらいの英数字で暗号フォルダが作られます。

複数MT4を入れてる方も多いでしょうけど、残念ながらその暗号からはどれがどのMT4なのかはわかりません。方法はあるのかもですがわかりません 😕

で、その暗号フォルダ内が上の画像真ん中になります。

その他、これまでfilesやlibrariesやscriptsを使ってたなら、「MQL4」内の同名フォルダ内にどうぞ。

データ保存先は以前のやつがいい!って場合は、origin.txtをイジれば叶うようですが、ちょっとよくわかりませんでした。

オマケ情報→「ターミナル」タブに「マーケット」ってやつなどが追加されてます。MT5にはあったらしいですが、ここからEAなんかを買うことが出来るみたい。また、買う前にテスターでチェッしてみたりもイケるとか。私は買う予定はないですが、売る予定は今後立つかも??興味があればどうぞ。

↓投票お願いします↓明日もまたよろしくお願い致します。

更新日:2014年02月04日(火)

著者プロフィール

トレンドストリーム
お忙しいところ、貴重なお時間の中での当サイトへのご訪問ありがとうございます。

FX専業(兼業?)トレーダーをやりながら、MT4のEA/インジケーターの開発やFX関連情報サイトを運営しています。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨トレードもやってます。2016年でFX歴7年目、独立して6年目となりました。元WEBデザイナー/ディレクターです。

トレードで勝ち抜く唯一無二の手法は「継続!」だと思っています。
またの機会にぜひ当サイトをご利用いただけるご縁があればとても嬉しく思います。今後ともよろしくおねがいいたします。
OANDA JAPAN 口座開設